SWITCH HEALTH コロナ検査キットの使い方(カナダ留学)

SWITCH HEALTH COVID-19 AT Home collection Kitsのやり方(詳細)

今回はカナダに留学する方は絶対にしないといけない自宅PCR検査のやり方を詳しく紹介していきます。
カナダ入国後、絶対訪れるハードな障壁もこれを読んだら大丈夫!!
僕は色々なトラブルがあり2回受けました・・・
そのとき、あまりにも情報がなさ過ぎてどうすればいいのかも分からず、めちゃくちゃ不安でした。まあ、色々ありましたがなんとか外に出れるようになり、普通に生活しているので不安なんて抱える必要は全くありません!!
ただ、これだけは心の隅っこに置いといて欲しい・・・
思っていたように物事が進まないのが留学
こころに余裕を持って、トラブルは当たり前という気持ちで行きましょう!!

2週間の間に3回のPCR検査

皆さんご存じですか??

日本を出発する前、カナダ入国後の空港、隔離8日目=3回のPCR検査を行う必要があることを・・・

まず1回目のPCR検査は日本です。
自分の飛行機の出発72時間前までの陰性証明書が必要です。

2回目はカナダ、僕の場合はバンクーバーの空港に着き入国て続きやらを済ました後、最後の最後にPCR検査を受けます。

そして最後が自宅で!!自分で!!PCR検査を行います。
これは隔離8日目、空港でPCR検査キットを渡されます。その時スタッフが「何日に受けて下さい」と受ける日にちを教えてくれるのですが…
僕はメモするのを忘れてしまい、いつしないといけないのか分からなくなってしまいました。
ただそんなときはArriveCANというアプリでチェック!!
ArriveCANは簡単にいうと毎朝自分の体調報告をアプリを通して政府に送ります。
その際、何日目という表示が出るの8日目になったらPCR検査を行って下さい。

4月23日以降、カナダに到着した人は8日目に行う必要があります
4月22日より前、カナダに到着した人は10日前なので要注意。。。
変わっています!!僕の場合は10日目に自宅PCRをしました!!
ただ、カナダ政府は急な変更が日常茶飯事です!!
情報収集は毎日行うのが鉄則。

SWITCH HEALTH のCOVID-19キットの使い方

1. 検査キットのアクティベート(アカウント作り)を行う

これに関しては10or8日目の検査日までに行うことをオススメします。
ただ聞かれている内容通りに進めていけばなんの問題も無いです!!
アクティベートを済ましておくことで、当日スムーズに検査を進めることができます。
SWITCH HEALTH アカウント作成サイト
(写真をクリックしたら飛べるようになっています)

2.アクティベート後、試しにログイン

アカウント作りが終わったら試しにログインして見ましょう!!
アカウント作りの際に登録したメールアドレスとパスワードを入力、そうすると登録した電話番号(おそらくスマホ)にSWITCH HEALTH security codeが届くので、その番号を入力して下さい。
そうすると車と飛行機の絵が出てきます。これはどのようにカナダへ来たのか?と言う質問なので飛行機で来た方は飛行機、車で来た方は車の絵を選択して下さい。
次の画面にいくと、どの州にいるのか?という質問をされるので、自分がいる場所に合った州を選んで下さい。僕の場合はバンクーバーだったのでBritish Columbiaを選択しました。
次の質問はなんの便で来たか?(flight number)、到着日は?を聞かれるので自分で調べて入力して下さい。
次にTravel Document typeを聞かれるので、大体の人はPassportを選択します!!
おそらくPassportが一番無難だと思います。その後、Travel Document Number(パスポート番号)を入力。Issuing Countryを聞かれますが、それは出発国なので日本から来た方はJapanと入力してください。
そうするとメイン画面に写り、Take test with a nurse/Requisition というボタンが表示されたら完璧です!!

3.Take test with a nurse を押してひたすら待つ…

検査当日になったら、電波のいい環境でアカウントにログインして下さい!!
電波があまり良くないところでやってしまうと順番待ちの途中で切れてしまい、また最初から待たないといけないというトラブルをよく聞きます。。。
Take test with a nurse をポチッと押し、カメラとマイクをオンにして後は順番が来るまでひたすら待機です。
その待ち時間を有効活用し、箱に入っている白いラベルに自分の名前と生年月日を記入して下さい。絶対というわけではないのですが書いておくとスムーズに進みます。
また、SWITCH HEALTHが提供している動画( https://www.switchhealth.ca/en/individuals/home-kits/covid-test/#video )を見ることもおすすめです。これを見ればある程度の事は分かるのでぜひ。
※検査当日ではなく、前日までにこの動画を見ておくのもいいかもしれません!!
気長に待ちましょーーーーーーーーー笑
待ってる最中、前に何人待っているのか数字が表示されます。
僕の場合は1時間に200人ほど減っていく感じでした…参考までに!!
ずっと開いて待っているのもOK、僕の場合は授業もあったので開いては閉じての繰り返しでしたが、着々と順番は減っていたので閉じていても大丈夫そうですが開いたまま放置が一番無難でしょう…
30人程になったらカメラの前で待機しておいたほうがいいかもしれませんね。
僕の友達は15人程になった時に繋がったそうです。僕の場合は2人になったときに急に繋がりました。
※準備しておいてほうがいいもの

ティッシュやウェットティッシュ
パスポート

僕は1回目、あまりに英語に自信がなかったため「I’m sorry, my English is so poor!! Could you speak English slowly,please」と伝えました。一言そう伝えとくだけで全然違うので自信のない方はぜひ伝えてみてください。

4.看護師と繋がったら、看護師の指示に従いましょう

その時は突然訪れます。残り数人になったら戦闘態勢に入りましょう笑
まず看護師と繋がったら・・・
①名前と生年月日を聞かれます。英語で答えられるようにしておきましょう。
②IDで選んだもの、僕の場合はパスポートを見せるように言われました。カメラに向かって顔写真のページをはっきり見えるように写して下さい。
その後、「ティッシュで鼻をかんで手を拭いてください」という指示が出されます。看護師さんの指示にしたがって下さい。ただ、担当してくれる看護士さんによってはその工程を省く人もいるのでそこら辺は臨機応変に…
③次にチューブを取り出すように言われます。
そのチューブに生年月日と名前の書いたラベルを貼るように指示されます。
ここで重要なのがラベルがチューブに元々貼ってあるバーコードと重ならないように注意してください。
④チューブの蓋を開け、平らなところに立てるように指示されます。
この際絶対倒さないように、チューブの中に入っている液体をこぼさないように注意して下さい!!
蓋を開けたら、次は長い綿棒を取り出して下さい。どっちが持ち手で、どっちが鼻に入れる方なのか確認して開けて下さいね!!決して入れる側を手で触らないように。。。

⑤鼻に綿棒を挿入して下さい。
大体1.2cmまで入れるようにといわれていますが、どれぐらいなの?と思うはず…
僕の感覚では綿棒を入れて「んっ」と思うぐらいのところで笑(分かりますか…)
ただ2回目の時は「Good!! Enough」と言われたので担当者によっては止めてくれる親切な方もいるのでそこまで考えすぎず、ただ鼻に突っ込んどいたら大丈夫です。
片方ずつ15秒間、鼻に突っ込んだ状態でくるくる綿棒を回すように指示されます。
力一杯やる必要はないので、無理せずくるくる綿棒を回して下さい。両方の鼻をくるくるし終わったら、綿棒は絶対に下に置かないように綿棒を液体の中に入れて下さい。

看護師さんによって多少の行程のズレはあります。その辺は気合いで乗り越えるしかないですね。頑張れとしか言いようがないです…すみません。

⑥チューブの中に入れた綿棒は長いので、先っぽをパキッと手で折ってください。
くぼみがあり折れやすくなっているので簡単に折ることができます。

⑦蓋をしっかり閉め、バイオハザード袋に入れる。透明なジップロックに入ってる綿の布も忘れずに一緒にバイオハザード袋にいれてください。

⑧元の青い箱を空にして、チューブと白い綿の布が入ったバイオハザード袋を箱に入れてください。
入れたら、透明の丸いシールが入っているのでそれを使って箱を閉じて下さい。
シールが入っていなかったというトラブルもあるそうですが、入ってなかったときは身近な物で箱から物が出ないようにしてください。

⑨赤のPurolatorと書かれた袋に入れて閉じ、黄色いド派手なシール(送り状?)を貼ってください。
次にアルコールティッシュ(個包装されためがね拭きみたいなものが箱に入っています)で袋を拭きます。この際、黄色いシールの上は拭かないようにして下さい。

⑩1回目の人は検体が入ったキットを冷蔵庫に入れるように言っていましたが、2回人は人はなんの指示もなく「キットの回収のピックアップの時間指定をしてください」とだけ言って終わりました。
ただ僕の経験上+友達から聞いた話では冷蔵庫に入れておくのがいいかも…
本当は検査後48時間以内に検体を回収しないといけないという規則があるのですが、留学はトラブルがつきものです。48時間以内に取りに来てくれる保証はない。
またPurolatorは土日祝休みなので、金曜日に検査して取りに来てもらえなかったときを考えると地獄です。
冷蔵庫に入れておくと長持ち?するのかどうかは分かりませんがそっちの方がまだ48時間過ぎても結果が出る可能性は高くなるでしょう。
ただ絶対とはいえないので48時間のリミットは忘れないでおいて下さい。

これが大体の流れです。

後は回収の日時を選び、検体をどこに置いておくのか?を記入します。
この時、一番早い時間を選んで下さい。少しでもトラブルを減らすためのTIPSです。
たまに時間内に回収されないことがあるので、少しでも時間に余裕がある方が気持ちも楽でしょう。
その後、黄色いシールに記載されてあるPurolator Pin(Purolator tracking code)を打ち込み終了です。

後は、回収予定時時間より前に検体を指定した場所に出しておきましょう!!
そして、最後に一番大事な事を言います。

Purolator Pin(Purolator tracking code)は絶対メモして下さい!!
Track a shipmentにPurolator Pin(追跡番号)をいれるだけです。
僕はメモするのを忘れ、本当に回収されたのか?不安で不安で仕方ありませんでした。
今現在、Uberでも回収可能らしいのですが僕はPurolatorしか使った事がないので分かりません。力になれず本当に申し訳ありません。
これが全てです。
一応僕が2回経験し「どんな風に検査を行ったのか」について詳しく書いたつもりですが僕は留学エージェントのようなプロではないので間違った情報も混ざっています。
もう一度言います。これは僕の体験をまとめた物です。また変更も激しいのでいつまでこのやり方が通用するのか分かりません。
そのため新しい情報の収集は毎日欠かさず行って下さい。
隔離期間の人は特にです!!
最後に結果ですが、大体検査の3,4日後の大体昼頃来ている人が多いです。
次回、自宅PCRキットの注意点など書き足りなかったことを投稿しようと思います。
少しでも力になれますように。。。
留学は助け合いですからね!!
何か分からないことがあれば何でも力になります。
Twitterでもコメントでも何でもどうぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました