〔必読〕学校が主催している短期語学留学は??

今回は僕の実体験を交えて紹介していきます。

今回のテーマは・・・

学校が主催する短期語学留学は一体どうなのか?

このことについてまとめていきます!!

大学主催の短期留学とは??

大学が主催している短期留学…
大体の学校にあるのではないでしょうか?
大学と留学機関が提携し、夏休み・春休みの1か月を海外の大学で英語を勉強するプログラムです。
大体、「定員何人まで・英語の能力は問わない」という要件で募集され、TOEFLやIELTSのスコアーなどは一切関係なしに誰でも行ける短期留学です。
アメリカやイギリス、オーストラリアに3~4週間留学したり、低価格で留学できるフィリピン留学などがあるはずです。

気になる方は自分が通っている大学の学務課に問い合わせしてみてください

フィリピン短期語学留学

僕が行った短期留学・・・

エンデラン大学去年、僕も大学が行っているプログラム
「フィリピン短期語学留学」

僕が4週間通った大学は・・・エンデラン大学
大学の前に大きなショッピングセンターがあり、その中にも大学が入っています。

大学のプログラムの一部なので2,3人で行くのではなく、15人弱の団体で4週間フィリピン留学をしました。
メンバーはそれぞれの学部の自ら志願した人たちで、英語の能力はピンキリ!!
普通にしゃべれる人から全く話せない人まで。
なので自分だけ話せない!!ということは全くなかったです。

僕が行ったところの場合、2つのテストを受けました。
まず最初に日本でネットに文法やリーディング力を調べるテストを受け、留学先の学校で軽いspeaking testを受け、その結果によってクラス分けがされました。
そのクラスで4週間みっちり授業を受けました。

どんな授業??

授業
→日本と同じ月曜~金曜までの4限授業

授業形態
→グループ授業3コマ90分+マンツーマン授業1コマ60分
グループは全員日本人で日本語は禁止!!
辞書を使っていい先生と、辞書禁止というも先生がいました。

グループ授業
→1つのテーマに関して英語でグループディスカッションをするのが多かったです。
その他にはペアになって課題をこなしたり、role playingなどをしました。

マンツーマン授業
→最初は軽い雑談をし、その後から教科書に移りQ&Aを何度も繰り返し行いました。
この授業では担当してくれる先生が固定ではないので、毎回新鮮な気持ちで取り組めました。

授業間の休憩は日本と同じく10分、食事は1時間
学食を食べてもいいし、お店に食べに行ってもいい

休みは??

放課後・土日は休みなので何をしてもOK

これは大学が中に入っているショッピングセンターです!!
放課後や夜ご飯はここでご飯を食べたり、寮で食べるお菓子をスーパーマーケットで買ったりしました。

大学が主催していたプログラムなので、土日にマニラツアーやマリンアクティビティーツアーがあり参加しました!!
これは個人的な感想ですが、絶対参加すべきです。
他の学部や違う学年と仲良くなれるチャンスです♪♪
留学がさらに楽しくなること間違いなし!!

他にもGRABという配車アプリを使い色々な場所に行きました。
留学を楽しい思い出にするためにはその土地を満喫しないといけないでしょ!!

部屋は??

4人部屋の2段ベット2つ。
同じ大学の人と違う大学の人2人で3週間ほど一緒に暮らし、途中で違う大学の子が帰国したので最後の一週間は2人部屋でした。

お風呂はシャワーだけですが、しっかりお湯はでました。
ただ換気扇がなかったのでジメジメ…
最初の2,3日はきついですが慣れますし、毎日ハウスキーパーさんがお掃除をしに来てくれました。

価値あり??  or 価値なし??

一概にありか?なしか?を決めるのは正直難しいです…

英語を聞き取る能力は行く前と後でははるかに変わったのは実感しました一緒に行った友達も同じことを言ってました。
最初は買い物の最中に聞かれるちょっとした英語も理解できませんでしたが、帰る前ではほとんど聞き取れるようになっていました。

ただ、1か月は短すぎる!!これを一番感じました!!
ある程度、環境にも慣れてきて英語の耳にもなってきたところで帰国になってしまうのでもったいない…
帰国してしまう周りに英語がある世界から日本語だけの世界に。。。
そうなると1か月で培ってきた英語の耳がどんどん衰えてしまいます…

つまり、帰国後にどうするかで

価値ありか? or  価値なしか?決まると思います。

こんな人におすすめ!!こんな人は辞めたほうが・・・

こんな人におすすめ!!

  1. 海外に初めて行く人
    →ほとんど同じ大学の日本人と一緒にいるので安心!!
    めったに1人で街を歩くことはないと思います…
  2. 外国の友人を作りたい人
    →違う国の友達を作りたいなら絶対参加すべきです!!
    僕はいまだに先生や食堂のおばちゃんとはいまだに連絡を取り合っています。
    の友達は現地のサークルに参加していたので結構友達を作ってました。
  3. とりあえず留学を経験してみたい方
    →留学と聞くと「ハードルが高い」と感じてしまいますが大学のプログラムは一切高くないので、ぜひ参加すべきです。
    また、費用も後で話をしますが比較的低価格なのでピッタシだと思います。

こんな人は辞めたほうが・・・

  1. とにかく英語に専念したい人
    →やはり同じ大学の日本人がたくさんいるので、放課後や休みの日は日本人といることが多く、大体日本語を話していたので本気で英語に専念したい人は物足りなく感じてしまうかも…

日常生活でも英語と触れ合っていたい方
→これは行くまで知らなかったんですが、フィリピンの公用語は英語に加えてタガログ語があります。フィリピン人は英語は話せます!!めちゃくちゃ話せるのですが日常会話は大体タガログ語でした…
先生から聞いた話によると、フィリピン人の多くはタガログ語と英語が融合されたタグリッシュを話すそうです。

かかった費用

これは僕の場合の話なので、参考程度にどうぞ!!
フィリピン短期留学 4週間

学費+寮(4人部屋)+航空券込み = 27万円

それプラス毎日の食費で ・・・
1日の食事を1500円×28日 =4万2000円

そのほか遊び・お土産・日用品 =6万円

こんな感じですかね・・・
僕は手持ちで15万円を持っていきましたが4万円余りました。
クレジットカードを当時持っていなかったので現金のみ
ただ、クレジットは何かあった時用に持っていくべきです!!

最後に・・・

絶対参加すべきだと思います!!

親元離れ異国の地で4週間生活したということは自分自身にとって大きな強みになるのに加え、自信もつきます!!

最初はだれでも不安です!!

ただその不安を乗り越えた先に見たことのない素晴らしい景色が見えてくるのも確かです。その土地でしか見ることのできない景色はたくさんあります。旅行では見えてこない、新しい発見。
そんな素敵な経験ができるのが留学の良さなのではないでしょうか??

こんなのもあるそうです・・・

プロの話を聞きたいという方もいるのではないでしょうか?
僕の場合は学校の留学の担当のひとにアポを取り、話を聞きに行ったのですが今現在コロナの影響で学校が開いていないので何かしら話を聞けるところがないか調べたところ、このようなものがあるらしいです!!

スマ留というものがあるそうです…

スマ留さんの公式ホームページから・・・
Reason1 留学費用が従来の最大半額
R2    シンプルな料金体系
R3    同一価格で語学学校が自由に選べる
R4    充実の英語学習サポート
R5     安心安全の365日、24時間サポート
R6    インターネットで申し込みが可能
R7    上場企業のグループだから安心

このような会社があることを知りませんでした。
ただ、R1の留学費が従来の最大半額…ちょっと怖い気もしますが。。。
サイトを見た感じでは、危険な感じは一切なくとてもしっかりしたような会社のようです!!
料金費用のシュミレーションも出してくれるのは大変ありがたいですよね。
可能なら安くいきたいという願望をかなえてくれそうな素敵な留学サポート企業さんですが、あまりこの会社をよく知らないので、体験者や知っている方がいればコメントください。

ぼくもいろいろ調べてみようと思います!!

今回は以上です…
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました